販路選択の重要性

こんにちは、ほっしーです。

今日は、販売のお話しをしたいと思います。

皆さんは販売先ってどのようなお店・モールを使用していますか??

私の場合、主要は3モール。

主にヤフオク・amazon・メルカリです。

各モールの主要な商品は・・・

ヤフオク→楽器、家電・PC機器など

amazon→ソフト類・アパレル

メルカリ→輸入商品

もちろん例外もあります。

販路が偏ってしまうと、そのモールの価格判断だけでの仕入れ基準になってしまいます。

それが、販売先を複数持つ事で、このモールではNGだけどこのモールではOKのような商品が生まれてくるわけです。

各モールの特性をちゃんと理解していれば、いつも仕入れができない店舗でも

仕入れ対象商品を見つけられることがあるかもしれません。

先日紹介したジャンク品なんかもいい一例ですよね。

amazonではジャンク品は販売できません。

なので仕入れ対象からそもそも除外している皆さん!!!

ヤフオクがあるじゃないですか!!!!

この逆パターンもたくさんあります。

もしもの事もちょっと考えてみてください。

もし突然amazonのアカウントが停止になったら・・・。。。

amazon比率が高いと死んじゃいますよね・・・。

物販だけに限ったことではないですが、

このご時世何が起きるか分からないので

リスク回避は重要です、とても!!!

今日もご覧いただきありがとうございます!!

こちらのポチっとお願いしますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


せどりランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする