リペアしてみよう その②

こんにちは、ほっしーです。

今日はリペア小ネタシリーズ第二弾です。

皆さん、こんなプライス見たことありませんか??

『エレキギター、音出ません、ジャンク品です』

これって果たして本当に音が出ないのでしょうか??

原因はいくつかのパターンが考えられます。

①ノイズしか出ない

→これはどこかの線が切れたり、ハンダが取れている場合が多いです。

ホットかアース、どちらかでも途切れるとピックアップからの信号は出ません。

混入したノイズだけが出ます。

②音量が極端に小さい、音色が変・・・。

→これはピックアップが原因なことが多いです。

③音が出たり出なかったりする

→これは完全に接点の接触不良です。

セレクター、ジャック、ホットラインやアースラインのハンダづけ部分、など。

上向けると音が出るけど下向けると音が出ない、とかがこれです。

④ノイズが多い

→アース系が原因です。

⑤その他

音が出ないのは変わりはないのですが、

回路構造を理解していればすぐわかるかも・・・。

原因は『電池切れ』(笑)

アクティブのギターにひそかに多いパターンです。

コレ、正直美味しいパターン!!

だって、壊れてないんだもん(笑)

回路にはアクティブとパッシブがあります。

簡単に説明すると、

パッシブとは、
電池を必要としない楽器。

アクティブとは、
アンプで音を出すのに電池が必要な楽器。

アクティブの楽器の多くにはプリアンプが搭載されていて、
それを駆動させる為に電池が必要なのです。
ピックアップもアクティブ専用のものが載っていることが多い。

なので、電池がないとそもそも音が出ない!!!

だから!!!!

電池さえ交換すればOK!!

費用100円くらい。。。

あれ、なんかボディー裏に電池BOXがあるなーとか、

つまみがなんか普通よりいっぱいついてるなーとかいう

ギターやベースを見つけたらちょっと疑ってみてください。。。

それ『アクティブです』(^^♪

今日もご覧いただきありがとうございます。

こちらもポチっしていただくとうれしいですm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


せどりランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする