ちょっと小ネタシリーズ、Fenderのギターについて①

こんにちは、ほっしーです。

ようやくタイヤ交換をしました。

もう春ですね・・・。

さて、今日はちょっとした小ネタシリーズです。

ギターってそもそも型番が書いてない場合が多いので、

リサーチの仕方さえ分からないって場合が多いと思います。

今日は主におなじみのFender JAPANに関してです。

例えばこの型番を例に挙げます。

『FENDER JAPAN ST62-70TX』

うーん、正直よくわかんないですよね・・・。

では詳細の解説です。

FENDER JAPAN→日本製のFENDER

ST→ストラトキャスター

62→62年スタイル

70→定価

TX→ピックアップ

という意味になっています。

まず、比較的簡単に見分けられる部分に関しては

FENDER JAPAN→日本製のFENDER

ST→ストラトキャスター

ここまでです。

これは目視で分かります。

まず、FENDER JAPANに関しては簡単。

生産国の表記を見てください。

MADE IN USA

MADE IN JAPAN

MADE IN MEXICO

これでFENDER JAPANは絞れましたね。

こんなやつです。

次にST→ストラトキャスターです。

これに関してはこんな見た目のやつです。

例外もありますが、ピックアップが3個付いてて、ノブが3つ付いてて、

セレクターが5段階or3段階に変わるやつです。

こんなやつはストラトキャスターです。

これで検索数がかなり絞られましたね!!

Fenderの良く分からないエレキギター

→FENDER JAPANのストラトキャスター(ST)

ここまで機種を絞る事ができました。

皆さん、お店でこんなプライス見たことないですか??

『FENDER エレキギター 型番不明 価格適当』

こんなプライスを見つけたら、なーんだ、よくわかんないギターが並んでる、

スルーしようって思わないでください。

もしかしてその商品

『大化けするかもしれません』(笑)

では、次回はこの続きの62年スタイルからのお話しです。

今日もご覧いただきありがとうございます。

こちらもポチっしていただくとうれしいですm(__)m


せどりランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする