ちょっと小ネタシリーズ、Fenderのギターについて②

 

こんにちは、ほっしーです。

 

 

 

みなさん花粉症は大丈夫ですか??

 

 

今日は、前回の続編のFENDERのお話しです。

 

 

前回は

『FENDER JAPAN ST62-70TX』

この型番についてのお話しでした。

 

 

 

 

 

 

 

今日は『62』の部分からです。

 

 

 

 

 

 

 

この型番の『62』は’62スタイルという意味です。

 

 

 

 

 

 

 

62スタイルとは

・ローズウッドの指板

・スモールヘッド

こんなやつです。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、比較対象として、下の写真はST72です。

 

 

 

 

 

ヘッドの大きさやロゴの書体などが違いますよね。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、メイプル指板のやつはST54です。

 

 

これです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一応、ネックとボディーを分解すれば

型番表記があるものがあります。

 

 

 

 

 

 

 

こんな部分に書いてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、仕入れす時にはさすがに分解する訳には行きませんよね・・・。

 

 

 

 

 

 

なので、見た目で覚えてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

これで、全体の FENDER JAPANのストラトキャスター(ST)

→FENDER JAPAN ST62まで絞る事ができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまでくれば、だいぶ検索数も絞れるかと思います。

 

 

 

 

 

 

FENDER JAPANのギターを見つけたら一度リサーチしてみてくださいね!!

 

 

 

 

 

次はいよいよ、見た目では全く判断が出来ない『70』と『TX』の部分のお話しです。

 

 

 

 

 

これは、ぶっちゃけ難しいですよ(笑)

 

 

 

 

 

 

今日もご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

 

こちらもポチっしていただくとうれしいですm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


せどりランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です