ちょっと小ネタシリーズ、Fenderのギターについて③

 

こんにちは、ほっしーです。

 

 

今日は、FENDERシリーズの3回目です。

 

 

前回は、FENDER JAPAN ST62まで特定できました。

 

 

 

 

 

今回は70TXの部分です。

 

 

 

 

 

まずは、『70』の部分ですが、これは当時の定価です。

 

 

 

 

 

 

 

税率が度々変わってるのであれですが、

5%の時代だと70は定価¥73,500の物になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

途中からこの数字が省略された『ST62-TX』のような型番に変更になっています。

 

 

 

 

 

 

 

なので、変更のタイミングなどの時期を覚えておいて、だいたい推測するのも手です。

 

 

 

 

もう一つは、この『70』によって、当時の新品価格がだいたい推測できます。

 

 

 

 

 

 

定価が¥73,500で20%OFFで販売してるとすると¥58,800です。

 

 

 

 

 

 

この新品の価格から、中古の価格をだいたい推測して仕入れ判断するという手法です。

 

 

 

 

次に『TX』ですが、これはピックアップの種類です。

 

 

 

 

 

 

 

この『TX』は『テキサスピックアップ』の略です。

 

 

 

 

 

 

これが『US』だと『USAピックアップ』です。

 

 

 

 

 

 

『US』<『TX』です。

 

 

 

 

 

 

あとは、USとTXでボディー材が違ったりなどなど。

 

 

 

 

 

 

でも、ボディー材がバスウッドかアルダーかなんて

パッと見、見た目では中々判断できません。

 

 

 

 

 

木材の木目で判断したりはできなくもないですが、

パッと見はなかなか難しいです。

 

 

 

 

 

 

一応、音でも何となく判断は出来ますが、

これは、プレーヤーでないと正直なかなか難しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

バスウッドは癖のないトーンで軽く、アルダーはバスウッドよりは中域が豊かですといっても

普通は意味わからないですよね・・・。

 

 

 

 

 

なので、最低限『ST62』までは特定してください。

 

 

 

 

 

 

 

これが

テレキャスターだったら『TL』

ジャガーだったら『JG』

ムスタングだったら『MG』

ジャズベースだったら『JB』

 

などとなります。

 

 

 

 

 

 

 

あとはヘッドの形と指板を見てください。

 

 

 

 

 

 

次回は、FENDER JAPANでもプレミアが存在する??

 

 

 

 

 

 

簡単なプレミアシリーズの見分け方、『シリアルナンバー』に関してのお話しです。

 

 

 

 

 

この特定のシリアルを

重点的にリサーチすれば、

とんでもないお宝に

遭遇するかもしれません!!!

 

 

今日もご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

 

こちらもポチっして応援していただくとうれしいですm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


せどりランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です