穴場を攻める、楽器せどり

こんにちは、ほっしーです。

今日は得意な楽器せどりのお話しです。

この写真の中に、お宝が3つあります!!

さて、どれでしょう??

って言ってもわかんないですよね。。。

この写真の商品の中でも¥32,400→¥65,000みたいのも眠っていました。

写真の中の商品数はざっと50点程度。

コーナーの一角を見ただけです。

リサーチの所要時間は10分弱です。

なんでそんなにすぐ見つけれるのってよく聞かれますが、

まず50点商品があったとします。

この中で実際にリサーチするのは5点程度です。

残りの45点は目視の段階でリサーチ対象外と判断します。

リサーチ対象外の判断は、第一はメーカーです。

このメーカーはリサーチする価値もない、という商品はだいたい半数程度です。

例えば、PHOTOGENICというメーカーがあります。

こんなのリサーチする価値もそもそもないですよね・・・。

新品で¥10,000円くらいのギターで、中古相場はそれの半値程度。

これが¥1,000で売ってたとしても仕入れ対象外です。

利益は多少は出るかもしれませんが、検品や撮影、梱包、発送の手間を考えれば

割りには合わないと思います。

残りの半数は相場感です。

メーカーやスタイルを比較して価格と照らし合わせ判断。

これは高額商品に関してのことが多いです。

この判断は正直なところ経験値です。

でも、少なくともメーカーの除外商品であれば覚えれます。

これだけでも、半数程度は絞り込めます。

これは他のエフェクターとかDJ機器とかでも応用が出来ます。

ちょっと気になってきましたか??楽器せどり!!

¥30,000の利益を出すのに、1本利益¥1,000のソフトであれば30本必要です。

30本必要という事はいったい何本リサーチすればいいんでしょうか??

それが、楽器せどりだと上手くいけば1商品で達成してしまう訳です。

高単価、高利益率もやり方次第では十分実現可能です。

楽器せどり、夢あります!!

今日もご覧いただきありがとうございます。

こちらもポチっして応援していただくとうれしいですm(__)m


せどりランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする