危険な思い込み、ちゃんと自分の目で確認しよう!!

こんにちは、ほっしーです。

GW最終日ですねー。。。

最終日にして初の休日です。。。

さて、ブログのタイトルのように思い込みは危険ということで

実際に実例として起きた事例を紹介します。

これは、実際に起きた話というか、一昨日に起きました。

ちょくちょくあるんですが、場合によっては危険な場合があるので

一例をご紹介します。

率直に言うと『個人情報がらみです』

先日、某リサイクルショップから仕入れたカメラがありました。

納品作業をしていて動作チェックをしていたところ・・・。

画像データがすべて残っていました。

これって危ないですよね!!!

万が一、それに気づかずに納品して販売してしまって

後々クレームになったとします。

悪いのは誰ですか??

仕入れ先の販売店ではなくて自分自身ですよね。。。

場合によっては、画像データから元の持ち主が特定できるかもしれません。

それを第三者に流失させてしまった。

これがどういうことかわかりますよね???

カメラの場合、あんな写真やこんな写真が保存されているかもしれません。。。

今回の残っていた写真は場所は一瞬で特定できました。

うーん、カップルで観光施設に行って撮影したんでしょう(笑)

というわけで、個人情報の削除が絶対に必要な一例です。

・パソコン

→これは超当たり前ですよね。

販売の際にはちゃんとリカバリー作業をしなくてはいけません。

・カメラ

→これも当たり前ですよね。

画像データは必ず削除。

気をつけなければいけないのは、本体自体に保存されているやつだけ消して

安心してはいけません。

付属のSDなどには残っている場合があります。

必ず本体の保存領域とSDなどの保存領域の2つを確認すること。

・ゲーム機

→これも登録されている場合があります。

あとは、ペアレンタルコントロール。

子供によるパソコンや携帯電話などの情報通信機器の利用を、

親が監視して制限するやつですね。

・スマホ

→これは、場合によっては大多数の情報が流失してしまう可能性があります。

カメラ同様、外部メディアにバックアップをとっている場合があるので

両方の初期化をお忘れなく。。。

というわけで、今回の話をまとめると、

販売店が売っているから、個人情報は削除されているだろうという

思い込みは非常に危険ということです!!

納品の際には今一度確認を徹底しましょう!!!

買った販売店にクレーム入れておけばいいかなー(笑)

今日もご覧いただきありがとうございます。

こちらもポチっして応援していただくとうれしいですm(__)m

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする