レンズの種類って?? その①

こんにちは、ほっしーです。

今日は、久々に小ネタシリーズです!!

楽器せどりはもちろんやってますが、今日は普段よく仕入れるカメラ・レンズのお話しです。

全体の売上の約2割程度がカメラ関連商品です。

レンズって、メーカーや種類がめっちゃたくさん出ています。

そもそもレンズって???

はい、レンズとは一眼レフなどに使うものです。

撮影時に使い分ける事によって、写り方が変わります。

その状況に最適なレンズを選択して使う訳です。

じゃあ、ざっとレンズってこんな種類があるっていうのをご紹介します。

①標準ズームレンズ

②広角ズームレンズ

③望遠ズームレンズ

④単焦点レンズ

⑤マクロレンズ

⑥魚眼レンズ

こんなところでしょうか。

レンズを大きく2種類に分けると、「ズームレンズ」と

「単焦点レンズ」に分類することができます。

じゃあ、今日はまず①からいきましょう。

①標準ズームレンズとは??

→人の視界と同じような自然な距離感のため、最も色々な場面で使えるレンズです。
「ズーム」できるので遠い被写体であれば、

自ら寄らなくてもレンズで調節することができます。
広く使いやすいことからレンズキットとして、

カメラとセットで販売されていることが多いです。

まあ、一眼レフ入門にはこれ買っとけばとりあえず大丈夫ってやつです。

次に②広角ズームレンズです。

→標準ズームレンズよりも、ずっと遠くにあるものを

ぐっと近くに引き寄せて写すレンズです。

野鳥や遠くの建物を撮影する時に使います。

ダブルレンズキットとかはこの2本のレンズの組み合わせが多いです。

続いて③望遠ズームレンズです。

1枚の写真に、より広い範囲を写せる(画角の広い)レンズです。
スポーツ観戦などは、たくさんの人を写すことができ、より臨場感を出すことができます。

前半3種類の説明はざっとこんな感じです。

後半3種類はまだ後日・・・。

レンズも売り方が様々あります。

単品で売る方法や、セット販売もできます。

ボディーとレンズを組み合わせて、独自でレンズキットも作れます。

でも、対応機種をしっかりと確認しないと、

そのレンズが使えない機種もたくさんあります。

『マウント』のお話しですね!!

マウントに関してもまた後日・・・。

世の中に仕入れできる商品ってほんとたくさんあります。

人があまり手を出さない部分をたくさん持っていれば、

それが大きな武器になります。

そういう部分では、楽器せどりは最強の部類に入ると思います。

今日は全然違うお話しでしたけど(笑)

今日もご覧いただきありがとうございます。

こちらもポチっして応援していただくとうれしいですm(__)m

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする