長期保管手数料の対策を!!

こんにちは、ほっしーです。

いやー、今日も暑いっす・・・。。。

この暑さに負けて、事務所に冷蔵庫を買いました(´・_・`)

いやー、ほんと何もないんですよ。

机、パソコン、プリンター、撮影機材、在庫の山・・・。

リアルにこれくらいしかなくて、ガスとかも開栓すらしていない(笑)

一応、契約の時に仕事で使うんですって言っておいたんですが、

仕事の内容を聞かれたんでちゃんと答えました・・・。

『ウェブデザイナーです』って

ほら、輸入商品のページ作りとかしてるし・・・。

今日から大々的に自称ウェブデザイナーってことにします(笑)

さて、そろそろamazonの長期保管手数料の対策をしなくてはいけませんね。

皆様もやられていますか??

amazonって置けば置くほど在庫保管手数料が発生しています。

ですので、まず原則として回転の悪い商品は避けた方が賢明です。

半年以上売れない商品ってなかなか厳しいですし、

仕入れ単価が高いとキャッシュフローも悪くなります。

人によって基準は違いますが、理想は1~2カ月以内に売り切れる商品を

仕入れるという事がいいのではないかと個人的には思っています。

ということもあり、今月・来月は粗利率を落としてでも

回転の悪い商品を現金化しています。

こういった商品とかね(´・_・`)

最初¥35,000くらいで出していたのですが、

動きが鈍いので一気に下げて現金化しました。

赤字にはなっていないのでとりあえずはOKです。

でも細かな物とか仕入れ価格が安い物とかは無理して赤字で売り切るよりは

破棄を選択した方が結果的に損失が少なく済む事もありますので

そこら辺は無理に全部売り切るということは避けて

臨機応変に対応してくださいね。

セラーセントラルの在庫健全化ツールから入ってもらうと

細かな手数料が見れます。

さて、皆様もそろそろ対策を!!!

今日もご覧いただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッとすると現在の順位が確認できます(^^♪

こちらもポチっして応援していただくとうれしいですm(__)m

ポチってしていただくとめっちゃ喜びます(^^♪

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする