トレー不良の場合

こんにちは、ほっしーです。

 

 

先日、トレー不良のCDデッキを発見しました。

 

 

ちょっと冒険して仕入れてみました。

 

 

そもそも、トレー不良の原因っていくつかあります。

 

 

①トレー自体が開かない

②トレーが勝手に開閉する

 

 

 

①の場合は、

・ゴムベルトの異常
・グリスの劣化
・トレイ開閉ボタンの接触不良
・トレイ開閉検出スイッチの接触不良

このような原因が考えられます。

 

 

だいたいのパターンで確率的に多いのが、

ゴムベルトの異常です。

 

 

開閉ゴムベルトが伸びていたり、切れてしまったりしているケースです。

 

 

 

トレイ部分に耳を近づけトレイの開閉ボタンを押してみて、

モーター音が聞こえたならたいていゴムベルトの異常です。

 

 

 

基本的には交換が必要です。

 

 

サイズをよく確認し、オーディオのパーツ店舗や通販サイトなどで購入して交換すればOK。

 

 

 

グリスの劣化に関しては、トレイ部分に使用されているグリスが、

経年により硬変してしまっていることが原因です。

 

 

対処法はシンプルで、天板を開け粘度の高くなった古いグリスをクリーニングして取り除き、新しいグリスを塗布します。

 

 

これで終了!!!!

 

 

 

トレイ開閉ボタンの接触不良に関しては、とりあえず開閉ボタンに

接点復活剤を散布してみてください。

 

 

もしそれでも改善が見られない場合は、スイッチの交換が必要になります。

 

 

 

ここまでは、何となく出来そうじゃありませんか??

 

 

 

意外と簡単に直ったりします。

 

 

 

これでも直らなかったら。。。

 

 

 

マイコンが関係するトラブル・・・。

 

 

 

これだともう諦めてください。

 

 

メーカー送りです(´・_・`)

 

 

 

ちなみにですが、仕入れた商品の原因はやはりベルトでした(笑)

 

 

 

原因判明までの所要時間3分。

 

 

 

だって蓋開けたら明らかにベルト切れてるし(笑)

 

 

 

ベルトって意外と安いんですよ。

 

 

 

交換してハイ終了(^^♪

 

 

ジャンク仕入れ→ちょっとリペア→高利益率の実現

 

 

 

このサイクルがまた出来ました。

 

 

 

修理に興味のある方は是非やってみてください。

 

 

 

かなりおもしろいですよ!!

 

 

 

誰もやっていない事をやる!!

 

 

 

これも利益を出すにはとても大切なことです。

 

 

 

今日もご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

 

さあ、元楽器屋店長ほっしーは今何位??

詳しくはこちらで確認してね↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です