長期保管手数料

こんばんは、ほっしーです。

 

とうとうこの時期がやってきました。

まあ、何事にもお金がかかるって事ですね。

 

 

動きが悪い在庫というのも物販をやっていると当然出てきます。

 

 

現金化をするということは、場合によっては赤字で販売って事もあるかと思います。

 

 

でも、一見赤字にはなりますがその在庫が売れなければ1円にもなりません。

 

 

在庫=罪庫になります。

 

 

そう考えると販売をして現金を作り、次の仕入れ資金に回したほうが

結果的には良いかと思います。

 

個人的な在庫日数の基準などを作り、それを超えたら現金化する

といったルールを作ってみるのも良いかと思います。

 

私の場合は、特にヤフオクはきっちりルール決めをしています。

 

 

まず、取扱商品がでかい、単価が高い。

 

 

という特性もあるので、1ヶ月売れなければ現金化します。

 

 

ヤフオクの平均販売単価が30000円ほどなので、それの商品原価を考えていくと

これくらいのサイクルで回転させないといろんな意味できつい。。。

 

というか事務所が狭くてスペースを圧迫してしまう。。。

 

 

皆さんも、ちゃんとその基準を作って資金効率を高めていきましょう!!

 

 

ちなみに、amazonの長期保管手数料の説明はこんな感じです。

 

 

FBAでは、毎年2月15日と8月15日に在庫一掃チェックを実施します。在庫一掃チェック実施日にAmazonフルフィルメントセンターでの保管期間が6か月以上に該当する在庫は、1000立方センチメートル(10cm x 10cm x 10cm)あたりで請求される長期在庫保管手数料の対象となります。

在庫一掃チェック実施日 対象在庫 長期在庫保管手数料(10cm x 10cm x 10cmあたり)
2月15日、8月15日 フルフィルメントセンターに6~12か月保管されている商品 87.4285円
フルフィルメントセンターに12か月以上保管されている商品 174.857円

 

長期保管在庫コスト

在庫を長期保管するスペースは有料ですが、その料金は月額保管手数料には含まれていません。そのため、長期在庫保管手数料を設定しています。フルフィルメントセンターでの保管期間が6か月に達する前に販売された在庫や、6か月以上保管されていたものの在庫一掃チェック実施日(2月15日および8月15日)より前に販売された在庫については、長期在庫保管手数料は発生しません。同様に、在庫一掃チェック実施日より前に返送/所有権の放棄依頼が出された在庫については、長期在庫保管手数料は発生しません。

 

 

今日もご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

LINE@登録募集中!!

ブログでは流せないあんな情報やこんな情報も配信中!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

友だち追加

 

さあ、元楽器屋店長ほっしーは今何位??

ポチッとしていただけるとめっちゃ喜びます

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です