【楽器せどり】どういった商品を仕入れるの?? ボスコン編

こんばんは、ほっしーです。

 

今日は前回の続きで、最も仕入れやすいであろうボスコンに関して

ご紹介してみたいと思います。

 

 

まずその前に、前回はこんな記事でしたね!!

 

ボスコンって何??

時代はさかのぼり、1976年に開発された世界初のコーラスペダルCE-1を皮切りに、

1977年の世界初のオーバードライブペダルにして名機OD-1、

1987年にこれも世界初のリバーブペダルRV-2を発表するなど、

常に時代をリードしてきたエフェクターです。

 

 

最近では、モデリング技術を利用してアンプシミュレーターなども発売されています。

その中でも、多くのギターリストにとって定番なエフェクターは「歪み系」です。

では、どういった機種が「歪み系」なのでしょうか??

 

 

「歪み系」エフェクター

BOSSの歴史の中でも有名なド定番機種がBD-2ですね。

 

ギターのボリュームによって、クリーンからクランチまで多彩な表現が可能な機種です。

これは使用しているギターリストは多いですね。

価格も安定していてしかも高ランキング!!

売価が5000円くらいだったらじゃんじゃん仕入れちゃいましょう!!

 

 

続いてこちらも定番のOD-3。

オーバードライブの定番機種ですね。

 

 

名機OD-1を受け継ぎ、歪みへのこだわりを凝縮した

デュアルステージオーバードライブ回路を搭載した機種です。

ランキングの中々いい感じです。

 

 

続きましてDS-1も!!!

OD-3に比べるとさらに歪みます。

 

 

高域のエッジが立ったハードな歪みまで幅広く対応できる機種です。

これも出回っている個数が多いのが特徴です。

 

 

 

続きましてMT-2もご紹介しちゃいましょう!!

ここまでいくとゴリゴリですね。。。

 

 

超強力な3バンドイコライザーにより、強烈にクセのあるサウンドメイクが可能です。

メタルがやりたい! ハードコアがやりたい! 重い音楽が大好きだ! って方向け。

他の3機種に比べれば回転は落ちますが全然売れていくと思います。

 

「空間系」エフェクター

こちらも仕入れがしやすいエフェクターの部類です。

ディレイやリバーブなどがありますね。

 

 

まず、最初にご紹介するのはDD-7です。

ロング・ディレイなどの多彩な機能を盛り込んだデジタル・ディレイの最新モデルですね。

 

 

このシリーズはDD-3、DD-6といったようにシリーズ化しています。

1つの相場を覚えておくと、なんとなく他の相場観が身に付くかと思います。

 

 

続きまして、RV-6です。

 

 

このシリーズもシリーズ化していますね。

多彩なサウンドが生み出せる8 種類のリバーブ・モード搭載。

 

 

CE-1もついでにご紹介!!!

 

ファンキーなギターのカッティング・プレイにも最適!!

 

 

BOSSのエフェクターは、例外もありますが、

新しい型式ができたら○○-1、○○-2というようにしていく型番の規則性があります。

売れる機種のアルファベットを覚えておくのもいいですね!!

 

 

まとめ

こういったように、まずは定番機種を覚えて仕入れをしていきましょう。

発売されていて、よく売れる機種は決まっています。

そこさえ押さえれば、まずはBOSSは攻略です。

 

 

コンパクトエフェクターを覚えたら、次はマルチエフェクターや

他の周辺機器に派生していってもいいですね。

そういった部分もしっかり押さえていきましょう。

 

 

そして何よりも、動作チェックがてらどんなエフェクターか実際に音が聴ける!!

満足してから売るか、あわよくば。。。(笑)

こういった部分も楽器せどりの魅力ですね!!!

 

 

 

今日もご覧いただきありがとうございます^_^

 

LINE@登録募集中!!

ブログでは流せないあんな情報やこんな情報も配信中!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

友だち追加

 

さあ、元楽器屋店長ほっしーは今何位??

ポチッとしていただけるとめっちゃ喜びます

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です