ターンテーブルを梱包してみた(ebay編)

こんにちは、楽器せどりブログのほっしーです。

最近、ebayばかりやっている訳ですが、よく仕入れる商品があります。

定番のターンテーブルです。
technicsのSL-1200シリーズとか、ド定番の機種ですがちょっとした注意点もあります。

 

それは、・・・

発送時に破損しやすい!!!

 

特にダストカバーなんて破損しやすい、ある意味定番です・・・。
国内輸送であればそんなこともないんですが、海を渡り海外に発送だと
正直、雑な扱われ方をされているかもしれません・・・。

 

商品を投げるとか、、、もしかしたらあるかも・・・。

 

お客様が開封した瞬間、こんな感じだと絶望ですよね・・・。

 

 

この画像は、実際に私がアメリカに発送をし、輸送時に破損した商品画像です・・・。

 

まだ、粉々になっていないだけマシだけど・・・。
こういった事が起きると、事後のやり取りに時間を割かなければいけず、
時によってはクレーム問題に・・・。

 

できれば、こういった事は極力避けたいですよね。
そこで、こんな風な梱包の仕方で破損がほぼなくなった梱包例をご紹介したいと思います。

 

多少梱包サイズが大きくなろうが、重量が重くなろうが、安全にお届けすることが第一!!!

 

 

①まず、ターンテーブル本体の盤が動かないように養生テープで固定。
付属のレコード用アダプタやトーンアームも同様に固定。
カートリッジやヘッドシェルは基本的に別売りにしているので外します。

 

 

②本体とダストカバーの隙間の空洞にクッション材を入れる。

 

③クッション材を入れた後にダストカバーを装着するとこんな感じ!!

 

④本体とダストカバーが動かないように養生テープで固定。

 

 

➄背面の配線類もまとめて固定。

 

 

⑥その上から梱包材で巻く。

 

 

➆段ボールの底には発泡スチロールをひく

 

 

 

⑧梱包したターンテーブルを段ボール内に入れ、隙間を埋める。

 

 

⑨さらに上から梱包材を入れる。

 

➉段ボールを程よいサイズに加工して封を閉める。

 

 

いかがだったでしょうか???
ここまでやればほぼ破損はなくなりました。
ちょっと重量とサイズは大きくはなりますが。。。

 

デカくてめんどくさくて敬遠されがち=ブルーオーシャンで稼げる

 

 

ターンテーブルとかシンセサイザーとか、デカめの商品を攻めていくとかなり単価と利益額は上がります。

 

是非、ebayで販売してみてくださいね!!!

 

 

ps/先月、奈良に遠征に行きつつ、ひろっきーさんの事務所に潜入捜査させていただきました!!
いやー、毎日中国輸入であの発送数はすごい!!!
いろんな問題も解決することができました。

 

ありがとうございます!!!

 

 

 

今日もご覧いただきありがとうございます^_^

 

 

 

LINE@登録募集中!!

ブログでは流せないあんな情報やこんな情報も配信中!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

友だち追加

 

さあ、元楽器屋店長ほっしーは今何位??

ポチッとしていただけるとめっちゃ喜びます

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です